スポンサーリンク
スワローズ

ヤクルトのドラフト2009

菊池はハズレたが、
社会人左腕中澤獲得は
今の投手事情を考えるとむしろベター。

右腕投手を2人とったが、
これはどうなんだろう?
去年高校生投手3人をとったのを含め、
投手(特に右)の数は充分すぎるくらいで、
現有戦力をしっかり育成することのほうが大事だと思うんだが…。

逆に、最も今のヤクルトに必要だと思っていた
将来性のありそうな内野手、
3位の荒木にはかなり期待。
将来の池山、将来の岩村、将来の宮本となれるか。
いずれ大学の内野手では最上位評価の
荒木を3位でとれたのは大きい。

青木がFAで出て行ってしまうであろう外野手も大学生を一人指名。
ただ、この松井という選手については全くノーマークだったのでこれ以上は何とも言えない。外野手もとってくれて良かったというレベル。

まとめ。
別に今回のドラフト指名選手だけでペナントを戦うわけではないのだが、
投手2 内野手2 外野手2くらいのバランスを想定していたので
野手が少ないなぁという印象。
菊池祭りに参加したのは祭りを盛り上げたという意味では評価するけど、
今宮や筒香や堂林といった大物(になるかもしれない)野手をこそっとかすめとる
したたかなドラフト戦術を見せて欲しかったのが本音。

伊藤智・岡林・川崎などドラ1が確実に活躍していた時代は今は昔。
スカウトの問題なのか、育成の問題なのか、
ここ数年のドラフト指名選手は伸び悩んでいる。
今年のドラフトはチームにとって吉と出るのか凶と出るのか、
もちろん
全員が活躍してくれることを祈ってはいるけれど…。

コメント

  1. あきさん より:

    今宮くんも1位で消えましたね。
    広島はうまく堂林くんを2位でとったね。
    広島はいい補強したね。

  2. あぶらず より:

    今村→堂林→…
    楽しみという意味では、広島が1番かもね。

タイトルとURLをコピーしました