スポンサーリンク
いろいろ

吾輩は猫である。

名前は「ルイ」。あぶらず家に14年間飼われてきた。
このブログのサイドバーでいつもにらみをきかせている。

昨日病院でガンの末期的症状だと診断された。

日当たりの良いところに寝床を作ってみた。
普段は食べさせない魚も与えてみた。
死に行くものへの精一杯の優しさも猫相手だともどかしい。
ルイがヒトの言葉を喋れたらなぁ、
「あれが食いたい」
「あそこに行きたい」
「あいつに会いたい」

その望みを少しでもかなえてやれるのに。

なぁルイよ、お前

食いたいものは食えたかい?

行きたいところには行けたかい?

会いたいヤツには会えたかい?

そして

俺ら家族との生活は幸せだったかい?

今日、永眠。

今までありがとな。

コメント

  1. あきさん より:

    あぶらずさんの家で暮せて幸せだったんだよ。ペットも家族の一員。悲しいねぇ。

  2. BlogPetのさにぃ より:

    末期って…なんだろう…?

  3. あぶらず より:

    日曜日たまたま実家にヨメ&ゆうちゃんも連れて飯食いに行ったら、その朝H史もルイを見舞いに来てたんだって。S太も仙台から戻ってきて家にいたし、家族5人(+ヨメ&ゆうちゃん)みんなの顔を見てから逝ってくれたのかなぁと思うんだよね。
    飼うのに猛反対してたのに結局一番世話をしてくれた親父が見てる前で息を引き取ったみたいで、それもルイの感謝の気持ちだったのかなぁと。
    そんなのも込みで改めて「ありがとう」という思いです。

タイトルとURLをコピーしました