スポンサーリンク
SPACE いろいろ ワウディー

不来方祭2011

今年は行けなかった、残念…(-_-;)

でも、動画がアップされてたのでその中から↓。


岩手に転勤してきたT口をフェイシズに連れて行ったとき
「岩手のクラブ(ショーケース)はどうよ?」って聞いたら

「みんな『おじょーず』って感じですね」って言ってた。

「SHOWなのに、『技術を見せる』だけで、『盛り上げよう』とか『楽しませよう』ってのがまるで無い」と。

彼との付き合いはもう20年くらいになるが、初めて彼の言葉が理解できた瞬間だったよ(^_^;)。

そんなことをふと思い出したので、
そのアンチテーゼとも言えるこの↑2本をチョイス。

Seniorのやつはもはやお家芸(^^)

コメント

  1. ぷらづま より:

    観てきました!!観る側で勉強してきました。
    人前で踊るってどういうことなのか、また改めてね。
    負けるもんか~??)^o^(

  2. あぶらず より:

    ロックやポップやブレイクなど明らかに特別な技術が必要なものは抜きにして、記事で掲載したようなダンスを2エイトずつくらいに分解すると案外ワウディーで教わっているステップや振り付けの組み合わせだということがわかります。

    でも、アップ・ダウン・アイソレ・ターン・ステップそしてリズム取りといった基礎的な部分の質が圧倒的に違うために、同じ振りなのに同じように見せられないのです。

    スポーツジムのダンスで何を目指すのか?という目的意識の違いがあるので、今のレッスン体系でそれを望むのは難しいですが、「今以上」のデキを求めるなら「振り付け以前」の基礎に時間をかけなくてはだめなのだろうと思います。

    例えばランニングマンひとつ、クラブひとつとってみても「人に見せてかっこいい」レベルにもっていくには1時間や2時間では足りないはずです。

    …って、
    つい真面目にコメント返しちまったぜぃ、えらそーに(^_^;)。
    まぁ、せっかく刺激を受けて、やる気になっている?ようなので、一応俺なりのセオリーを。あくまでも「俺なり」のね。

  3. ぷらづま より:

    ふむふむふむ・・・。
    珍しく真面目コメ返し、ありがとうございます!(^^)!
    基礎トレ!!そうなんだよね。振りは練習すれば何とかなる。その先は基礎がないとダメなんだよね。
    ということはだ・・・。
    またまたお勉強になりました( ..)φメモメモ

  4. あぶらず より:

    で、その基礎トレをとことんやるには結局学生並みの若さ(体力)と時間が必要だと気付くわけよ。あ、でもぷらづまは大丈夫か、女子高生だもんね。笑

  5. mak より:

    上の動画のBGM「BOOM BOOM DOLLAR」で
    Dance Dance Revolution(DDR)を思い出しました。
    (収録曲の一つ)
    年末のアップデートで収録されるらしいので、
    ラウンドワンで一踊りが日課になりそうです。

    下の動画は東方の曲だと思うけど、曲名は?です。

  6. あぶらず より:

    ギャルルもこれっぽいの歌ってなかったっけ?笑

タイトルとURLをコピーしました