スポンサーリンク
家 家電

光熱費定例?報告23年9-10月分

2回目にしてすでに「定例」のペースを守れていないが…。

1個言い訳すると、水道代って月一じゃないのな、今さらだけど。

では、

まずは9月の電気売買。Cimg6689s

そして10月。Cimg6691s

一方水道代(9-10月)。Cimg6687s

整理すると…

9月電気代 -12,539円(前年4,880円で17,419円削減)
 
10月電気代  -10,733円(前年4,114円で14,847円削減)
9-10月水道代 8,585円(※前年9,942円で1,357円削減)
  ※前年の水道代は10-11月のもの。
9月ガス代 0円(前年6,885円で6,885円削減)
10月ガス代 0円(前年7,910円で7,910円削減)

結果9-10月の光熱費は
実費 -14,687円
投資効果(前年に対する削減額)は48,418円となる。

導入後の投資効果は累計で74,548円、太陽光+オール電化の導入費用を250万円(太陽光150万+オール電化100万)と見積もると、費用の回収まであと2,425,452円(投資回収率2.9%)だ。

先は長い…。笑
 
 
 

コメント

  1. mak より:

    日照時間+降雪の冬季がどうなるやら?
    レポートまっております。

  2. あぶらず より:

    >makさん

    結局のところオール電化+太陽光は得なのか損なのか?この報告を一年続けることである程度の答えは出るような気がします。
    ただし、太陽光+オール電化が標準仕様となっている千田工務店の家では太陽光+オール電化自体の価格(差額)が見えないため厳密に言うと正確な損得勘定はできません。例えば「じゃぁこの家に太陽光を載せず、オール電化にもしなかったら本体価格は2,500千円安くなったのだろうか?」って話です。
    もし、これから家を建てようという方がいるなら、是非同じメーカー・同じ間取りなんだけど一方は「太陽光+オール電化の家」、もう一方は「太陽光でもなくオール電化でもない家」という2パターンの見積を取っていただいて、その差額を教えてもらいたいものです。

タイトルとURLをコピーしました