スポンサーリンク
Uncategorized

年賀状作り

といっても素材集から印刷するだけなのだが。。。

去年同様1デザイン1枚を基本に、30枚(=30種類)ほど印刷。選択の傾向としては、
①「ますます意味不明なデザインのもの」
②「年賀状的な部品(正月を連想させる絵や写真や文字)が無いもの」
が大幅に増加している。①かつ②だったりすると、もはや「これ年賀状?」なレベルなのだが、そこは「インクジェット写真用年賀はがき」を使用しているので宛名面で「年賀状である」ことに納得していただきたい。また、ヨシナガコウタク氏・YURI兄妹のデザインがツボで彼らの作品を多く採用している。写真を素材にしたものが減って絵画的なものを多く使ったのは最近見た山下清展の影響だろうか。。。

コメント

タイトルとURLをコピーしました