スポンサーリンク
チェッカーズ

藤井フミヤ「Order Made」全曲レビューその2

ルー語変換でひとしきり遊んだので、全曲レビューの続きでも書こう。

その1では「かっこいい曲」をとりあげたが、今回は「良い唄」で、06.Sweet besns soup(作詞 藤井フミヤ 作曲 斎藤有太 編曲 RAWGUNS)を紹介。

タイトルを直訳すると「甘い、マメの 汁」、なんかちょっと卑猥だよねぇ(^_^;) でも、その実態はこんなほのぼのな唄なのだ。

人生は一度きり そんな事わかってても
今だ ただ 無駄に過ぎてゆく
運命の赤い糸 いつも切れっぱなしさ
一度 二度 三度目の正直で
目の前のコイツさ

ベロベロ酔った勢いで ズルズル始まった恋
あれあれ女房ヅラしてる やれやれ 相性いいのやら悪いのやら
愛嬌はあるけど 度胸もあるけれど
なんやかんや すったもんだ 愛されてるのかな

人生はひとりきり それじゃ味気ないもんさ
気楽に抱く ROCK な恋もしたけど
ふたり交じるオーラ ちょうどなんかいい感じ
笑う 歌う 飲む 吹かす そんな単純な
ただの淋しがり屋

ベラベラしゃべりっぱなしで ダメダメだしばっかりで
ツルツル頭禿げるまで つれづれ 面倒みるのやらみられるやら
気ばかり強いけど 荷ばかり重いけど
なんやかんや すったもんだ 愛しているのかな

そう愛嬌はあるけど 度胸もあるけれど
なんやかんや すったもんだ 愛されてるのかな

そう気ばかり強いけど 荷ばかり重いけど
なんやかんや すったもんだ 愛しているのかな

藤井フミヤというよりはチェッカーズ、もっと言うと尚之の雰囲気がある曲。チェッカーズから離れると、大塚愛あたりが年取るとこんな曲歌いそう。曲調はブギウギで軽く、明るく。ライブではアンコールのラスト、つまりオーラスで歌われる。歳月を重ねた夫婦や、つきあいの長いカップルはきっとこの詞に共感できると思う。俺と妻もこの曲聴いたとき「なんか俺らみたい」って言い合ったもん。ここまでくれば夫婦の愛を歌うこの曲のタイトルがなぜ「甘いマメの汁」なのか、おわかりでは?

コメント

  1. シュービリー より:

    今日ヅラまつり来れなくて残念!
    セージも大喜び!!

    かな?笑

    人生は一度きり サッチ事わかってても
    今だ ただ 無駄にゴーバイしてゆく
    運命のレッドな糸 いつも切れリーブさ
    一度 二度 三度目の正直で
    目の前のコイツさ

    ベロベロ酔ったフォースで ズルズル始まった恋
    あれあれ女房ヅラしてる やれやれ 相性いいのやらバッドなのやら
    ラブアンドリスペクトはあるけど 度胸もあるけれど
    なんやかんや すったもんだ 愛されてるのかな

    ライフはひとりきり それじゃ味気ないもんさ
    コンフォタブルに抱く ROCK な恋もしたけど
    ふたりアソシエイトウィズするオーラ ちょうどなんかいいフィーリング
    ラフする シングする ドリンクする スモークする サッチ単純な
    ただの淋しフィールし屋

    ベラベラしゃべりリーブで ダメダメだしばっかりで
    ツルツル頭ルーズヘアーするまで つれづれ トラブルみるのやらみられるやら
    気ばかり強いけど 荷ばかり重いけど
    なんやかんや すったもんだ 愛しているのかな

    そう愛嬌はあるけど 度胸もあるけれど
    なんやかんや すったもんだ 愛されてるのかな

    そう気ばかりストロングけど 荷ばかり重いけど
    なんやかんや すったもんだ 愛しているのかな

  2. あぶらず より:

    かなり楽しんだようですねぇ。帰り際、土信田さんに「今日ダンス間に合わなかったんですか、残念でしたね」と声をかけていただきましたもん。こりゃ土信田さんも相当楽しかったんだなぁとひしひしと伝わってきましたよ。せめてスタジオの外からでも見たかった、無念。。。

タイトルとURLをコピーしました