スポンサーリンク
いろいろ チェッカーズ

花巻東逆転サヨナラV

逆転サヨナラで優勝だもん、盛り上がったろうねぇ。

でも実は高校野球にはあまり興味が無い(^_^;)新聞でちらちらチェックする程度、テレビでやってたら眺める程度…。

そそられない理由としては
①岩手勢が弱い(-_-;)いつの間にか負けて帰ってきてたりする。。。
②技術レベルが低い。プロと比べてどうすんだという話だが、それにしてもストライクが投げられない投手、バントが出来ない打者、エラーと暴投をくりかえす守備陣等、あまりにも…って試合がままある。
③なのに、過密日程と炎天下での興行でさらにグダグダな試合を見せられる。大会中に500球も投げた投手がまともな球を投げられるわけが無い。
④監督に戦術や戦略が無い。采配の妙を見せてくれたのは元常総の木内さんくらいだな。
⑤結局気合だ、根性だと精神論に終始する。

決して野球は嫌いなわけではない、むしろ好きなスポーツ。地元のチームが勝てばそれはそれで嬉しいし応援したいという気持ちは当然ある。ただ、それとは別の次元で(①②は一生懸命やってのことだからおいておくとしても)③④⑤は環境を変えてやることが出来るんじゃないの、といつも思う。負けたら終わりのトーナメントだからこそ、ベストの状態でぶつかり合って欲しいし、そういう試合をさせるための配慮というのをもっと考えて欲しい。そうすればどちらかといえばプロ野球好きな俺のような人間でも楽しめる試合が増えていくと思うんだけど。

とまぁそんな見方をしているので松坂擁する横浜とか、去年の斎藤早実・田中駒苫など、超高校級の投手がいる完成度の高いチームが順当に勝ち進んでいくような大会のみ、熱闘甲子園なんかをマメにチェックするようになってるね、最近は。

ちなみに、そういったこととは関係なく頭っから熱闘甲子園を見続けていたのが2003年の第85回大会。そう、この年の熱闘甲子園のテーマソングが藤井フミヤの「SUMMER BOY」だったのだ(^_^;)でも、この年は、先述の木内監督が有終の美を飾り、ダルビッシュ擁する東北が準優勝するなど、内容的にも面白く、「SUMMER BOY」とともに俺の中で記憶に残る大会となっている。

さぁ、今年はどんな大会になることやら、花巻東の健闘を祈る!!!

コメント

  1. SYU より:

    昨夜はサーバーメンテで書き込めなかったが・・・

    さーーー
    今夜はとことん語りつくそうではないか!

    基本的に高校野球はプロ野球と楽しみ方が違うんで
    その辺のところをシリーズでお伝えしていきたいと思います。

    まずは「タッチ」全巻読んでね笑

  2. あぶらず より:

    SYUさん、このネタはスルーかと思いきや(^_^;)

    「タッチ」のみならず、「H2」「ドカベン」「大甲子園」コンプリートしてますよ。

    このレベルの試合をしてくれれば高校野球も面白いんだけどなぁ。。。

タイトルとURLをコピーしました