スポンサーリンク
いろいろ

ドカベン

「何度見ても面白い」シリーズ。

 言わずと知れた野球漫画の最高峰。野球漫画は数あれど、この作品ほど作者の野球好きが伝わってくるものは無い。ドカベン→大甲子園→プロ野球編→スーパースターズ編へと明訓ナインの野球人生は続いていくのだが、高校野球時代を描いたこのオリジナルが最も面白い。といってもこの第一巻を見ると柔道着を着ているわけだが…(^_^;)野球だけ見たければ柔道編をスキップしても良いが、どうせなら頭から読んだほうが良い。

 前述したように、作者の野球好きは細部までにじみ出ていて、どの試合も面白いのだが、あえて選ぶと、

・2年春の対江川学院戦(この試合で相手投手中不美夫は満塁時も含め山田を5打席連続敬遠する=27~28巻)
・2年春の土佐丸戦(明訓ナインの回想シーンがドラマチック、最後はあの選手のホームラン=30~31巻)、
・2年夏の対白新戦(不知火はパーフェクト、里中はノーヒットノーランで延長戦へ、決勝点は「ルールブックの盲点の1点」、このルールは当時現役のプロ野球選手も理解できなかったという逸話がある=34~35巻)

の3試合がベストバウト。だが、改めて読み返すと、唯一明訓高校に土をつけた我らが岩手代表弁慶高校の存在感もさすがに良い。

 このように、大体何巻辺りがどこと対戦していて、それがどんな試合だったか未だにほぼ完全に覚えている。こんな漫画は、このドカベンと「リングにかけろ」ぐらいだ。

コメント

  1. SYU より:

    さっぱり姿を見かけないと思ったら、ドカベン全巻読破してたとは( ̄□ ̄;)!!

    因みにオラの思い出深いシーンはバクテンで太田さんがやってた四コマシリーズ
    の数々です!笑

  2. あぶらず より:

    太田さんの4コマかなり面白かったらしいっすね、実は見たことないんですよ。

    どっかに動画落ちてないかなぁ。。。

  3. 胸元激写!加藤夏希 モデル撮影時にTバック見えまくり!!

    1985年秋田生まれ。 1997年、まだ小学生の頃にゲームメーカーのイメージガールオーディションを受けグランプリに輝く。
    1998年にはハウス食品『ピュアイン…』でCMデビュー。
    翌年には『燃えろ!! ロボコン』のヒロイン役「ロビーナ」で注目され、以降映画、ドラマ、CMにも出演し幅広い支持を得ている。
    映画『エコエコアザラク』『STACY』『羊のうた』等では主演を果たし、高い演技力と圧倒的な存在感…

タイトルとURLをコピーしました